ライフステージを考慮

軒下

広告やコマーシャルでも保険見直しをという宣伝もあり、時期をみて保険見直しをしてみるといいと思います。なぜなら、ライフステージによって保険は自分に合うものが違うからです。例えば生命保険の場合、独身の頃と結婚して子供がいる場合です。万が一死亡した時に家族に残す死亡保証金は独身の頃と比べて多い方がいいでしょう。また子供が独立した場合はその逆で死亡保証金は多くなくてもいいでしょう。なので、年齢に応じてライフステージに応じて保険見直しをしておく必要があります。また、保険商品も日々進化しています。新しい保険も何十年前に加入していた保険と比べてもっと自分に合うものがあるかもしれません。

保険料は毎月や年払いなど支払い方法があります。未来への備えなので、保険の家計に占める割合も多くなります。それをある一定期間や死ぬまで払い続けなければならないので、契約をする際に考える事が必要になります。生命保険を例にしても死亡保障額によって月々の金額も違います。毎月の保険料を安くすると、今度は死亡保障額の金額は少なくなりますので、そのバランスを考えなければなりません。死亡後どれぐらいの金額が必要になるのか算出してみて足りないものを死亡保障額に備えるといいと思います。また医療保険は最近では掛け捨てタイプでかなりリーズナブルな保険料があるので、そういったものを利用する事も可能です。その分返戻金がないのがほとんどです。